GAPはじめて物語(3/20 七楽園)

3月20日、春分の日ということもあり各地で(日曜よりも多くの)イベントが開催されました。日曜にやったほうがぶつからなかったんじゃね?とか思ったり。まあ、あまり関係ないんですが、どこでやってもあまり変わらないので。

それはさておきイベントです。

GAPTOKYOでは昨年秋までシリーズ戦で「七楽園別邸」を開催していました。1~2週に1回のペースで平日夜にリング気味のセブンスタッドを開催。このポイントに応じて決勝を行うという、シリーズがどうこうというよりも、まったりとがっつりとセブンスタッドを楽しむ事を第一のコンセプトでの開催でした。

今回、AZB10に拠点を移し、新たなシリーズを迎えるにあたって、どうするかを考え、参加者への負担が強くなる毎週開催のシリーズものは、AZB10利用者がまだまだ少ないことから時期尚早と考え、今回は月1回か2回程度で定期的に開催される1日イベントを行う事にしました。

「七楽園別邸R(アール)」は今後、GAPTOKYOでのツキイチスタッドイベントとして継続的に開催していきたいと考えており、あわせて本家である「七楽園」に関しては、またどこかで、こちらは大人数でやることを第一義としていますが、開催したいと思っています。

そんな新生「七楽園別邸R」は当初の予定では1テーブルでマターリと開催される予定でしたが、蓋を開いてみると14名、2テーブルでの開催となりました。あらためて参加いただいたプレイヤー、協力していただいたプレイングディーラーに感謝です。

そしてルールは「Seven Stud Revolution」と題した「革命」ルール付きのセブンスタッド。大貧民か!というもので、ハイのみで行われている状況で、フルハウス以上の役が完成すると次のゲームからラズに変更するという、変則的なハイ&ローによるセブンスタッドで行われました。思いついてから特にテストは行わずに、はじめての開催となりましたが、予想よりも少しだけラズの時間が短くなりました。やはりフルハウスはできにくく、7ローはひかくてきぶつかって引きにいく関係上、早く完成してしまうというパターンに。

また、某fullhandさんがラズになることを(ネタですが)頑なに拒み、テーブルAでは2時間以上ラズにならない展開に(この間、テーブルBでは4回もゲームチェンジが)、この展開に「ラズがあると聞いて遊びに来たんですが」と言っていた王様が

「これが噂のラズラズ詐欺か」

と。

ま、王様はこの後、「モンハンを一緒にやろう、もうそろそろ終了するから」と七味さんに言われて待っていたのに、七味さんが死にかけのオールインからサバイブして、まったく終ることない「しぬしぬ詐欺」にもあっていました。

さて、ゲームのほうはスタッド好きか集まったなかで、ほぼスタッド初心者ともいえる、GAPプレイヤーのTAKさんとhojoさんがfullhandさんと残り3人という状況に。ブラインドはかなり厳しく、すでにじゃんけん状態になっていましたが、3位にTAKさんが入り、TAKさんを飛ばしチップ量で大きくリードしたhojoさんがfullhandさんを仕留め、七楽園別邸Rの初代勝者となりました。