久しぶりらしい(3/10 GP2)

蔵前で開催されたGP2は久しぶりの(笑、ごとじゃないw)2テーブルで実施されました。

 

あまりにも久しぶりでテーブルの分け方忘れそうになってたのは激しく内緒です。 そんなトーナメントはロス帰りの方や、マカオ帰りの方や、福岡帰りの方、ベガス帰りの方と国際色豊かなメンバーとなりました。ま、豊かと言っても全員日本人ですが。

 

そしてゲームではタイトプレイヤーの話に。

 

GAPにいらっしゃるプレイヤーでタイトだと評判のプレイヤーはteshiさんとボンバーさんですが、この二人がファイナルテーブルで隣り合うと、カットオフに位置するTAKさんがことあるごとにレイズをし、ボンバーさんが睨みながらダウンするという展開が続きました。さすがにやりすぎな気もしますが、ハンド自体は時々はいっているのでをいて厳しい展開に。 こういう時はタイトプレイヤーはハンドを絞る結果、チップがシュリンクして自然死しやすくなるのですが、今回はタイトプレイヤー特有の展開に。

 

我慢して突っ込んだハンドがことごとく勝利し、気がつけばteshiさん、TAKさんが残る形に   タイト2人に対して比較的アグレッシブなプレイヤーという形はどうしても有利になりがち。  ボンバーさんとのヘッズになるとボタンからのレイズスチールで徐々にチップを削ると最後は一気に寄せ切ってTAKさんが久しぶりの勝利となりました。

 

TAKさんは最近、どこのトーナメントでも2位ばかりで久しぶりの勝利ということでした。ボンバーさんもベガスで4トーナメント2入賞と好成績を引っさげての久しぶりのGAPでしたが、惜しくも2位。残念でした。

 

 

 

って、書き終わったところでhojoさんから「僕、今日のゼロマス調子良かったんですよ!」と記事にアップすることを強要されました、ふーん。(書かないのかよ!w