明日(11/21)は「御飯とポーカー」本戦!知っておくべき4つの事

gdxn800vいよいよ明日は御飯とポーカー〜湯の章〜の本戦です。

今まで決勝という表記をしていたのですが、この御飯とポーカーは権利モノじゃなく誰でも参加できるので決勝じゃないということに3回目にして気づいたので、こそーりと表記を変更していきます。

今回の決勝に関する、いくつかの確認事項と覚えておいて損のないことを下記にお伝えしますので、ぜひご一読ください。

副菜赤チケットは持越しが1回だけ可能

副菜チケットは2種類あります。加点&割引の赤と、加点のみの緑です。このうち、赤チケットは1回だけ持ち越しができます。今回の本戦では、前章の肉チケットと今回の湯チケットが使えます。湯チケットは次章でも使うことができますので、今回使わないで残す作戦もとれます。

副菜緑チケットは今回だけ使用可能

一方、緑チケットは今回の本戦でしか使用できません。今回参加出来ない方で緑チケットをお持ちの方は残念ですが捨ててください。

本戦は2テーブル最大20名の席をご用意

明日の本戦は2テーブルでの開催を予定しています。現在14,5名の参加を見込んでいますが、もし20名を超えた場合は21名以降はウェイティングになる可能性がありますので、ご容赦ください。ウェイティングの場合は、ご来場いただいた時点での基準チップの点数で空席ができてからのシーティングとなります。

次章は最終選考中

現在、次章は2月ないしは3月に本戦を開催する予定です。開催候補は下記の4つです。

  • 鮨の章 麻布十番の和食割烹のお店で鮨を含んだ和食会席コース
  • 鶏の章 新宿か恵比寿で博多・水炊き
  • 卵の章 麻布十番で通は割と知っているトリュフ卵かけ御飯の居酒屋
  • 牛の章 六本木ウルフギャングステーキのコース

値段もバラバラなので、どれにするかで本戦の価格から通過人数まで大幅に変わる状況です。翌火曜日には副菜トナメが始まりますので月曜までには決めたいと思っています。